アフィリエイト ビギナー

Read Article

クレジットカードのブログで月5万円稼げるようになったので簡単にご報告

このサイトではクレジットカードのアフィリエイトは競合が多いため、あまりお薦めしていませんが実際にクレジットカードのアフィリエイトで1日2時間くらい時間をかけて更新していった場合、どれぐらいのマネタイズが出来るのか試していました。1日2時間と言っても月に40時間くらいです。全く更新しない日もありましたし、1日で5記事くらい書く時もありました。2月は本当に更新していなかったので10時間もかけていませんでしたが。

そのサイトの収益が5万円を超えてきたので参考までに書いてみます。

お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話

実際のサイトは下記のものです。

お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話

昨年2014年10月11日から行い、2月の確定報酬で言えば5万円を超えました。約5ヶ月で5万円。これが良いのか悪いのかは別に、競合が激しいクレジットカードのアフィリエイトでもそれなりに継続していく事でそれなりの収入にはなっていく事が解りました。やはり継続は力なんだな~ってシミジミ思います。

アクセス数

まずは2月の上記サイトのアクセス数です。

google-analytics 2015年2月の数値約32000PVです。

google-analytics 2015年2月の数値

見ての通り86%は検索からの流入です。つまりSEO第一です。リスティングは一切していません。

収益の内訳

気になるのは収益の内訳だと思います。上記のサイトというよりは、ブログですがアドセンスとamazonアソシエイト、一般的なASP3つを使っています。

amazonアソシエイトは0円、真剣に取り入れていないので、これくらいでしょう。

そしてASP(主にA8メイン)が約35000円です。5万円と書いているので、35000円引いたものがアドセンスとなります。

1日1件くらいは申し込みがあり、承認されるのは半分以下なのでこんなものかな。特単とか特に行っていません。というかこれくらいだとA8は相手もしてくれません。ただA8の良いところは参入障壁が低い事です。

1PV辺り1.5円くらいです。これは恐らくクレジットカードのアフィリエイトにしてはかなり低いものとなると思いますが、ブログと考えた場合はかなり良いものになると思います。ブログは1PV=0.5円となれば良いとされていますからね。

はてなブログで行った理由

なぜ、このクレジットカードのブログをはてなブログというブログサービスで行ったかと言えば、理由はシンプルです。はてなブログがSEOに強いからです。強いというよりは強くなる環境にあると行った方が正解でしょう。もしこれを独自ドメインにしてWordPress等で行っていたら、ここまでは無理だったと思います。

はてなブログと言っても有償の「はてなブログPro」を利用しており年間で約8500円のコストが発生しています。でも、はてなブログはAWSを使っている事もありいくらバズっても安定している事が多いのとセキュリティに関して自分で何もしなくても良いというメリットはあります。セキュリティで気にするのは唯一ログインパスワードくらいなものです。

結果が出始めたのは4ヶ月くらいから

実際に結果が出始めたのは4ヶ月くらいから。記事数にして200記事を超えてきたあたりからです。記事に関しては最低1000文字という取り決めをしていましたが、あまりキーワードに関しては意識していませんでした。タイトルだけ少しキーワードにこだわった程度。

参考にしたサイトはこちらです。

クレジットカードの読みもの

はてなブログの中でも100万PV以上を誇る人気のブログです。本人曰くブログではなくサイトと表現していますが。

参考にしたと言っても記事をパクったりはしていません。ただ、どんな事を書いているのかはよく見ました。また同じような事を書いていても絶対に勝てる訳が無いので別の路線で攻める事にしました。純粋にクレジットカードに関する知識は太刀打ち出来ませんから、クレジットカードの事だけど自分の方が詳しい小売の分野の事にクレジットカードの要素をプラスして書いている事が多いです。

小売=お買い物 ですから、クレジットカードとの相性は当然よくなります。小売関係の仕事に15年以上関わってきたので、その点だけを見れば参考にさせていただいた方よりも詳しい自信があったのでそこを攻める事にした訳です。クレジットカードは本当に競合が多いので、クレジットカードによほど詳しくない限りは直球ではなく別の球で勝負しないと稼げる訳が無いので。だからこれからクレジットカードのアフィリエイトに参加しようと思っている方がいれば、直球ではなく自分の得意な分野での変化球を使う事をお薦めします。4月21日以降、古くからクレジットカードのアフィリエイトをしている方の一部のサイトは検索結果が悪化するので、狙い目かもしれません。古くからクレジットカードのアフィリエイトをされている方でサイトをスマホ対応させていない方もいるので、4月21日以降では検索順位が悪化するはずです。

はてなブログの欠点

こう書いているとはてなブログは凄く良さそうに思われるかもしれませんがデメリットもあります。それはやはり広告を貼るという事に関しては自由度が少ないという事です。カスタマイズに時間をかければ別ですが。やはりWordPressの方が広告を貼るという意味では自由度が高いですし、カスタマイズもプラグインや良いテーマを使う事で簡単に出来ます。

また、たまに心ないコメントを付けられる事もあるので、ネガティブな攻撃的なコメントが苦手な方にはお薦め出来ません。もちろんWordPressのサイトでもそういう事はありますが、はてなブログより激しくは無いですからね。

という事でWordPressでも作成中

ということで(どういう事?)今度はWordPressでも同じようなサイトを作ってどれぐらい稼げるかテストをしてみる事にしました。

ライトレ!お買い物とクレジットカードとお金の生活トレンド

まだ作ったばかりです。そのため現在広告はA8メインですが、JANetの承認が降りたらJANetメインで行ってみる予定です。ひょっとしたらバリューコマースに変更するかもしれませんが。

前のページへは、ブラウザの戻るボタンでお戻りください
URL :
TRACKBACK URL :

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 通りすがり

    初めまして。

    実際のサイトと収益を公開されていて参考になります。
    当方は、ほとんど予備知識なしで、3カ月くらい前からアフィリエイトを始めました。クレジットカードのサイトを1日2時間くらいかけてドメインを取ってWordPressで作っています。

    「お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話」、紹介されていた「クレジットカードの読みもの」は、サイトを作る際に、他の方が既に同じようなことを書いていないかチェックする際に、よくみかけていました。私のサイトと比べて、記事の中身もデザインもよくて、すごいなあと思ってみています。このような記事を書くて、ブックマークされたり、SNSでシェアされるのですね。

    私のサイトは、記事は20個ほどで(書くのが遅くて数日かけて1記事書く感じです)、とてもマイナーな路線をいってますが、昨日、初めてアクセスが100超えました(100でも非常にうれしいです)。広告は全てa8のものしか使ってないですが、アクセス100につき、1件くらいの申し込みがあります。狭いテーマを扱っているので、ネタが無くなりそうですが、上の表にあるようなアクセスがあったら、専業でもやれるかもしれないと妄想しています。

    貴重な情報ありがとうございました。

    • 通りすがりさん
      コメントありがとうございます。
      「お金とクレジットカードとお買い物にまつわる話」は月に10万円を超えるようになりました。超えるようになった理由をまた書きたいと思います。

  2. 通りすがり

    鈴木こあらさん、こんにちは。

    本の出版など、活躍されていることを知りました(前回、コメント差し上げたときは有名な方とは知りませんでした)。

    >たまに心ないコメントを付けられる事もあるので

    私、SNSとか全く興味がなく、あまり知らなかったのですが、「クレジットカードの読みもの」を批判しているサイトなどみつけて、有名になると大変なんだなと思います。普通に考えて、すごいブログですよね。

    鈴木さんも有名なので、心ない(根拠の薄い)批判なども多いのかなと思います。

    私の作ったサイトですが、予想外の展開で、月に数十万円の収益が出ています。特単、恐るべしといった感じです。

    私には無理のように思いますが、この後、上手く運用すれば1サイトで月100万円超えもあるように思います。クレジットカードの広告市場は、大きいですね。

    専門知識のないド素人が書いたサイトでも当たるときは当たるものですね。独自ドメインなので、最初は全然ダメだったのですが、評価され始めると少し怖いくらい申し込みがあります。

    数カ月前まで、アフィリエイトなど無理ゲーと思っていたのに。。。

    今は、できるだけ、ひっそりこっそり稼げればいいなと思っています。

    ご活躍を期待しています。

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメント

Return Top