アフィリエイト ビギナー

Read Article

Google Analytics アカウント・プロパティ・ビュー を理解しよう

Google Analyticsを使う上で、アカウント・プロパティ・ビューを理解しておきましょう。

その前に1点、グーグル・アナリティクスは2種類あります。

グーグル・アナリティクス

Google Analytics(グーグル・アナリティクス)は2種類ありますが、1つは既に新規受付は終了しています。
2種類とは、以前のグーグル・アナリティクスと、バージョンアップしたグーグル・アナリティクスで、バージョンアップしたものは、Universal Analytics と呼ばれています。
本当は、Google Analyticsの歴史は割りと面白いのですが、ここでは関係ないので、割愛します。気になる方は、「Urchin(アーチン)」で検索してみて下さい。

アカウント・プロパティ・ビューを理解する

GoogleAnalytics(以下、GA)にログインしてもらい、下記の図の通り「アナリティクス設定」をクリックしてみてください。すると下記の図の画面になります。
07ここで、一番上に書かれている「アカウント」「プロパティ」「ビュー」の意味を理解しておきましょう。
GAには3つの階層があります。上から「アカウント」「プロパティ」「ビュー」となっています。

アカウント

アカウントとは、3つの階層の中で最上位に位置しています。
個人でアフィリエイトサイトを行う場合は、ドメイン単位でアカウントを設定すると解りやすいとこちらで説明しています。
例えば、http://abc.com というドメインだった場合、アカウントはabc.comにしておくと解りやすいでしょう。

後で説明する「Google AdWords」や既に説明している「Google AdSense」と言ったGoogleの他のサービスと連携する時は、このアカウント単位で設定します。

これらのGoogleのサービスとGAを連携させる事でより高度な分析が出来るようになりますが、順に覚えていけば構いません。なによりも最初はGAの使い方を覚えてサイトを改善していく手法を覚える方が重要です。

プロパティ

プロパティは3つの階層の真ん中に位置しています。
個人でアフィリエイトを行う場合は、サブドメイン単位(つまりはサイト単位)で設定すると解りやすいですよ。
例えば、http://abc.com というドメインだった場合、アカウントはabc.comにしておいて、ドメインのみのhttp://abc.comと、サブドメインのhttp://afi.abc.comのように同じアカウントの中で管理を行っていくという事になります。

ビュー

ビューは3つの階層の一番下に位置しています。
プロパティを設定すると、必然的に「すべてのウェブサイトのデータ」というビューが生成されます。初心者の内は、この「すべてのウェブサイトのデータ」だけで充分と言えます。
ビューは、プロパティで設定したサイトのより細かい分析を行う時に作るものとなります。「すべてのウェブサイトのデータ」は、そのサイト全体を計測しているので、概ねこれで事足りますし、初心者の内は本当にこれだけで充分です。実際に企業でGAを導入していても、ビューを別に作って計測している企業は少ないと思います。

ビューは何か特別な括りでそのサイトの計測を行いたい時に使用します。
企業では、全体の数字は見せたく無いけど、部分的には取引先や製作会社に見せる時にこのビューで絞って見せている事もあります。
見せる範囲の権限以外で、ビューの設定は何か別の角度で分析をしたい!と思った時に初めて使うものと覚えておいて下さい。

もう少しだけ突っ込んだ話をすると、同じページなのにURLが2つ以上存在する場合があります。こういう時は、Canonicalタグやサーバー側での設定、パーマリンク等の設定で修正するのが望ましいのですが、それが難しい場合はビューで解決する事も出来ます。
他にもパラメーターを除外したい時にも使用します。パラメーターについては、別途説明します。上級者になるとRSSにパラメーターをつけている場合もあります。

一応、優良なアフィリエイターを目指す場合、パラーメーターがついているURLで、リンクシェアなら「マイリンク」A8.netなら「商品リンク」を作らないようにして上げて下さい。
企業のアクセス解析担当者がたまに意味が解らなくて困る時がありますので。
どういう時かと言えば、その広告主のサイトのメルマガを取っていた場合、そのメルマガから広告主のサイトにランディングした時のURLににはパラメーターがまずついていますので、そのパラメーターは削除してから、使うようにしてあげて下さいね。

ユーザー管理

アカウント・プロパティ・ビュー単位でGAのデータを見せるユーザーを追加していく事が出来ますが、個人でアフィリエイトサイトを運営していく場合は関係ありませんよね。
ただ、企業では役職や担当によって、これを明確に分けて設定しているところもある事だけ知っておいた方が後々良いかもしれません。

前のページへは、ブラウザの戻るボタンでお戻りください
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメント

Return Top