アフィリエイト ビギナー

Read Article

Googleウェブマスターツールについて

サイトアフィリエイトを行う上で、必ず行うべきと言えるものの1つとして、Googleウェブマスターツールへの登録というものがあります。

Googleウェブマスターツールとは何か説明していきます。

Googleウェブマスターツール

Googleウェブマスターツール(以下 ウェブマスターツール)は、Googleが提供している無料で使えるウェブサイトの管理ツールの1つです。ウェブマスターツールにあなたのサイトを登録する事で、今までは知る事が出来なかった様々な情報を得る事が出来ます。
また、SEOの強化にもつながっていきます。SEOの強化の第一条件はGoogleにサイトを認識してもらう事です。
そもそもGoogleに認識されていなければ、検索でサイトを見つけてもらう事が出来ません。
もちろん、ウェブマスターツールを導入しなくても、Googleはサイトをいつかは認識してくれます。
このいつかが曲者です。アクセスがほとんど無いリンクも無いサイトは見つけてもらうまで、かなりの時間を要します。それを短時間で見つけてもらえるようにするツールでもあります。

他にもSEO的に問題箇所を教えてくれたり、検索クエリ(検索されたキーワード)を見る事が出来たりとアフィリエイトサイトには物凄く重要な情報を得る事が出来ます。

無料で使えるのですから、使わない手はありません。

Google Analytics同様、Googleのアカウントが必要ですが既にGoogle AnalyticsでGoogleアカウントを持っているのなら、そのアカウントをそのまま使えます。
また、Google Analyticsと連携する事で、非常に便利に使う事が出来ます。

インデックスについて

ここで、簡単にインデックスについて説明しておきます。

インデックスとは、Googleがサイトおよびサイト内のコンテンツ(ページ)を認識して検索結果に表示させるために行うものです。Googleの役割から考えれば、より良い、より内容のあるコンテンツを上位表示させたいと考えています。そのためには日々作られるサイトの情報も取り込んでいく必要性があります。しかし、作られたばかりのサイトを発見するのは実はかなりの手間がかかります。

ウェブサイトはよく海に例えられます。サイトは海に浮かぶ船です。Googleという衛星に捕捉してもらうように登録を行っておけば見つけてもらえますが、捕捉してもらう登録を行っていなければ中々見つける事は出来ません。見つけるまでに時間がかかります。Googleは捕捉するための巡視艇を出していますが限りがあります。太平洋な大西洋などの大海原を一生懸命、インデックスされていないサイトを探しているのです。はっきり言います。見つけられますか???時間をかければいつかは見つけてもらえるでしょう。でも、作ったサイトはすぐに見つけてもらいたいですよね。

上記で説明した巡視艇を実際のウェブの世界では、クローラー(ウェブクローラー)とかボット(Googlebot)と呼んでいます。このクローラーに来てもらって、サイトを認識してもらい、登録してもらう事がインデックスと言います。
では、クローラーに見つけてもらうまで、永遠に待つしかないのでしょうか?いえ、見つけてもらうというよりも、最初から捕捉しておいてね、と登録しておけば良いわけです。登録しておけば、探してもらう手間が無くなります。
この登録をウェブマスターツールで行うわけです。

ウェブマスターツールで出来る事

実際にウェブマスターツールで出来る事を説明します。

サイトを登録出来る

専門的に見れば若干御幣のある書き方を敢えてしますが、Googleの検索にヒットするためには、Googleにサイトを登録してもらう必要性があります。これをインデックスされると言います。
このインデックスしてもらう事を予約出来るわけです。通常、ウェブマスターツールに登録を行えば遅くとも24時間以内にはインデックスされます。

追加コンテンツを素早くインデックスしてもらう方法もあります。私が作ったサイトでは15分後にはインデックスされていたという事もあります。
早くインデックスしてもらえればもらうほど、トレンドアフィリエイトを実践しているサイトは有利になります。

問題箇所を教えてくれる

HTMLの構造上、問題がある点を指摘してくれたり、エラーになっている箇所を教えてくれます。それらを修正する事でSEO対策になったり、ユーザーに親しみのあるサイトにしていけます。

not providedになったキーワードも解る

not providedとは、Googleにログインしているユーザーが検索を行っても、検索されたキーワードでランディングしたサイトには情報を送っていないため、GoogleAnalytics等のアクセス解析ツールで、どんなキーワードで来たか解りませんよ、となったキーワード達の事です。

アフィリエイトサイトを行う上で、キーワードはとても重要なものです。上級者なら別の方法でキーワードをある程度予測する事は出来ますが、初心者には難しい作業と言えます。

しかし、ウェブマスターツールを使う事でnot providedとなったキーワードも知る事が出来ます。
これはアフィリエイターにとってとても重要な事です。

検索クエリ単位の順位やCTRが解る

検索クエリは、上記で言っているキーワードの事です。通常キーワードというと、1つの言葉を指す事が多いのですが、クエリとなると、複数の言葉の組み合わせになると考えて下さい。

「初心者 アフィリエイト」だと、キーワードは「初心者」と「アフィリエイト」になります。検索クエリでは「初心者 アフィリエイト」となる訳です。
その検索クエリ単位での検索表示順位や何回表示され、何回クリックされたかが概ね解るようになります。
よく検索されるクエリが解れば、それを更に強化したコンテンツを作ったり、思ったほど伸びていない検索クエリを捨てるとか逆にコンテンツで増やすという判断材料にもなります。

外部リンクや内部リンクが解る

どこに自分のサイトのリンクが貼られているか、サイト内のリンクはどのように貼られているか把握する事が出来ます。

特に外部リンクはSEOにとって重要になってきます。増えたから良いという訳ではなく、優良な外部リンクで無ければ意味がありません。優良なリンクで無い場合は逆にSEO的にマイナスに働きます。

まとめ

ウェブマスターツールは、SEOを考える上で、サイトの現状を知る上でとても重要なツールですので、必ず登録するようにしましょう。
また、よく聞かれる言葉で、Googleからのペナルティ というものがあるかと思いますが、ウェブマスターツールではそのペナルティが行われた場合も解ります。

サイト管理をする上で必須のツールとなりますので、必ず入れるようにして下さい。

ウェブマスターツールの導入方法については、こちらで説明しています。

前のページへは、ブラウザの戻るボタンでお戻りください
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメント

Return Top