アフィリエイト ビギナー

Read Article

ドメイン名を決める 名を取るか実を取るか

サイト名が決まったら、ドメインを決めます。
ドメインは、先着順になっているので、希望のものが取れない事が多々あります。また、トップレベルドメイン(TLD)をどれにするかという事も考えるべきです。
順番に説明していきます。

トップレベルドメイン

トップレベルドメインとは、例えば、.com .net .org のように最後につく部分の事です。略してTLDとも書きます。
今は本当にいろんな種類のTLDがあり、最近では .tokyo .nagoya なんてものも発表されたり使われるようになってきています。

実際にどれを使えば良いのか?という事になりますが、基本的には、.com か .net が良いでしょう。
理由は、この2つが最もSEO的には効果があると言われているからです。
ただ、微妙な差ですから、あまり意識しなくても良いのですが、イメージとして、やはりこの2つに対して良いイメージを持っている人は多いでしょう。

他にも、もし、アフィリエイトを個人ではなく、法人向けに行うのなら、.bizというのもありますし、情報を売りにするのなら、.info という手もあります。
お名前.comなんか、.asiaドメインなんて1年目180円で取得出来ます。
.asiaも使い方によっては面白い使い方が出来ます。そう思って3つほど取得しています。アフィリエイトサイトとして使うかどうかは微妙ですが、年内に.asiaドメインのサイトを立ち上げる予定です。

TLDはアイデア次第でいろいろと出来るのですが、迷う場合は、.comか.netにしておくのが無難です。

英数字か日本語か

ドメインは、ほとんどの場合、英数字で登録をしますが、日本語でも登録出来ます。実際にこのサイトも日本語ドメインを使っています。
何故、日本語ドメインを使うのか?と言えば、SEO的に現段階では有利だからです。しかし、日本語ドメインにもデメリットはあります。日本語ドメインに対応していないブラウザやウェブサービスの場合、意味の解らない英数字のドメインに変更を余儀なくされるためです。また、一部レンタルサーバーでは日本語ドメインに対応していないところもあります。一番の欠点は、基本的にサブドメインを使えない事です。

英数字ならどこのレンタルサーバーでも大丈夫ですし、変換される事もありません。サブドメインもほとんどの場合、取得出来ます。
英数字ドメイン=名を取る 日本語ドメイン=実を取る という事になります。

実際には、どっちを使っても問題ありませんが、英数字のドメインの方が格好良いですけどね。

ドメインは第2のブランディング

また、ドメインは第2のブランディングとも言えます。サイト名とかけ離れたものは使うべきではありません。SEOにも若干影響があると言われています。
サイト名とかけ離れていても良い場合もあります。短いドメインを使う場合です。人にURLを口頭で伝える時は、短いドメインが有利です。

また、サブドメインと組み合わせて考えるというのも良いかもしれません。例えば、otoku.com なんてドメインをとれたら、otokuの前に、pcをつけて、pc.otoku.comとすると、パソコンがお得なサイトかな?と思われたりもします。

ただ、その場合も何かしらの意味があるドメインにはすべきです。

中古ドメイン

中には中古ドメインが良いと聞いたけど・・・という人もいるかもしれませんね。
確かに中古ドメインにはメリットも多くあります。SEO的に非常に優れた中古ドメインは高値で売買されています。
しかし、初心者は手を出さない方が無難です。それはリスクもあるからです。

中古ドメインの中には、Googleからペナルティを受けて手放されたものもあります。そういうドメインを使ってしまうと検索でまったくヒットしない状態にも成りかねません。
なので、初心者はまずは新品のドメインで始めた方が良いでしょう。

前のページへは、ブラウザの戻るボタンでお戻りください
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメント

Return Top