アフィリエイト ビギナー

Read Article

WordPressで作る

今まで時折、WordPressという名前が出てきましたが、WordPressについて説明をしていなかったので、簡単に説明していきます。

WordPressとは

WordPressとは、CMSというモノに属する仕組みです。
CMS=コンテンツ・マネージメント・システム
という意味になります。

サイトを作る際に、コンテンツ(内容や記事、バナー広告も含めて)を管理・更新を簡単に行えるようにするためのシステムをCMSと言います。
インターネットが流行りだし、ホームページブームが起こった頃、そう2000年前後はホームページを作ると言えば、ホームページ作成ソフトを購入してパソコンから更新をしていくのが一般的でした。
しかし、それでは自宅やウェブ制作会社の場合は会社のパソコンからしか出来ませんでした。
また、企業用のホームページは完全にウェブ制作会社が行っており、企業として更新したくても、ウェブ制作会社に依頼しないと出来ないとか、緊急時のお知らせの更新も出来ないという不便な時代でもありました。
企業側としてみれば、もっと簡単にお知らせとか記事を更新して行きたいと願うようになり、それがCMSというものを生み出すようなりました。
企業にまずは導入され、次第に一般の人々のホームページ作成にそれらのツールが普及してくるようになります。

そのCMSにおいて、世界中で一番使われているのがWordPressというものになります。
WordPressがここまで世界的にシェアを伸ばした理由にオープンソースだったという事が大きく起因しています。
オープンソースとは、簡単に説明すれば、WordPressのプログラムを誰でも見れるようにして、好き勝手にカスタマイズしてもらって構いませんよ、という状態にしておくと考えて下さい。

結果、世界中の興味ある人がカスタマイズを行うようになり、その情報が集約され、WordPressはドンドン良いものに変化してきました。
最初の頃のWordPressは初心者向きとはとても言えないものでしたが、改善に改善が繰り返され、初心者でも比較的簡単に扱えるツールとなってきました。

CMSの第一条件は、簡単に更新が出来る事です。
その要件をWordPressはブログ形式で記事を更新していけるという事で特化し、ブロガーが好んで使うようになりました。
デザインも無料から有料までいろいろと出ており、無料でもプロ顔負けのデザインのものもあり、世界中に広がっていくようになりました。

WordPressのサイト

今、あなたが見ているこのサイトもWordPressで作っています。
このサイトは、WordPressで有料のデザインを使用して作っていますが、無料でも良いものは沢山あります。
ただ、アフィリエイト用で本格的に行うのであれば、有料のテーマを購入した方が良いと言えます。

もちろん、最初は無料のデザイン(WordPressではデザインされたテンプレートをテーマと言います)でも構いません。
私が、ここでの説明用に簡単に作った無料のテーマで作ったWordPressサイトを紹介します。こちらのサイトです。

大体3時間くらいで作ったサイトです。慣れれば、これくらいのサイトなら3時間くらいで作れます。肝心なのは作った後に更新を続けていく事です。
更新を続ける事でアフィリエイトの収入が増えていきます。

まとめ

WordPress自体は世界中で使われているCMSというツールである事。
ツールにかかるお金は基本的に無料であるが、有料のテーマ(デザインテンプレート)を使用する事も出来る。
無料のテーマでもプロ顔負けのものもある。

このサイトではWordPressでサイトを作っていく事を基本に説明していきますが、基本的な考え方はWordPressであろうと無料ブログであろうと、同じです。
アフィリエイトで報酬を得られるサイトを作る事が一番の課題ですので、その事をメインに説明していきます。

前のページへは、ブラウザの戻るボタンでお戻りください
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメント

Return Top