アフィリエイト ビギナー

Read Article

Google Adsense(アドセンス)について

Google Adsenseについては、クリック課金型の広告であるという事は既にご存知かと思います。

ここでは、Google Adsenseについてもう少し細かい事を説明します。
(以後アドセンス)

Googleについて

今更、Googleを知らないという人は居ないと思います。世界シェアNo.1の検索サイトです。
なお、日本ではGoogleは検索サイトとしては第2位となっています。
第1位はYAHOO!JAPANです。しかし、ヤフーの検索エンジン(検索を行うための仕組み)は、実はGoogleのものを使っています。
なお、同じ仕組みを使っているといっても、ヤフーは検索結果に独自性を持たせているので必ずしも同じ結果にはなりません。
ヤフーもGoogleの検索の仕組みを使っているため、日本での検索シェアNo.1はグーグルと言えます。ヤフーとGoogleを合わせると8割以上の人がGoogleを使っている事になります。

そのGoogleは、どうやって利益を得ているのでしょうか?
Googleのほとんどの収益は、広告から得ています。
一番は検索結果に表示される広告、リスティング広告と呼ばれるものです。
googlead01上の図は「引越し」で検索した結果です。非常に多くの広告が出ているのが解ります。
これ以外にも今から、あなたがはじめようとしているGoogle Adsenseも広告を表示させるものです。
Googleの最大の収益源は、ネット広告の代理店事業なのです。

アドセンスとは

一番簡単に言えば、媒体者(サイト運営者)が広告スペースをGoogleに貸して、Googleはそこに企業から申し出のあった広告を配信し、クリックしてもらう事で対価を得るわけです。その
CPC広告について でアドセンスの事を簡単に説明しましたが、細かくどういう仕組でどんな広告が配信されるか説明していきます。

コンテンツマッチ

基本的にアドセンスはこれを一番に考えて広告配信をしていると言われています。
仕組みとしては、コンテンツ(=サイト)の内容に合わせた広告を配信するという事です。
例えば、旅行に行って入った温泉や食べたものを書いていくブログであれば、旅行会社や飲食に関する広告が出る頻度が高くなります。
株や投資の事を書いたサイトなら、株や投資についての広告が出る頻度が高くなります。
ここで、頻度が高くなると書いたのは、絶対では無いからです。

インタレストマッチ

検索したキーワードや過去に見ていたサイトの情報から、その人が興味があるであろう広告を配信する仕組みです。
コンテンツマッチで一致した広告が出ない時は、この広告が出る事が多くなります。

リマーケティング

あるサイトに行った後に、違うサイトに行ったら、前に見ていたサイトの広告が出てくる事がありますよね。
これが、リマーケティング広告です。
インタレストマッチと勘違いされる場合がありますが、インタレストマッチとは仕組みが異なります。インタレストマッチは、興味があるであろう広告を出すのに対して、リマーケティングは過去に見ていたサイトの広告を出すという事で異なります。ただし、リマーケティングもインタレストマッチも結果として同じ広告を出す可能性はあります。

ただ、問題としては何度も同じ広告が出るために、ウザい!と思う人もいるため、広告の表示数のコントロールも必要になってきます。
なお、リマーケティングと同じ意味でリターゲティングというものがあります。
日本で一番使われている検索サイトのヤフーも同じような広告配信をしています(個人サイト向けにはアフィリエイトはしていません)。
Google=リマーケティング
ヤフー=リターゲティング
と同じ仕組みでも名前が異なっています。

プレースメントターゲット

アドセンスの中で唯一、サイト管理者のコントロールによって出来るのがプレースメントターゲットです。
と言っても完全にはコントロールは出来ません。
アドセンス利用者であるサイト管理人は、例えば右メニュー上の広告スペースとか、ヘッダー直下のスペース等、場所を説明しておきます。
その場所に広告を配信したい企業があれば、その場所の指定をしているサイトにのみ、広告を出す事が出来るという仕組みです。
広告は設置する場所でクリック単価も異なってきますので、プレースメントターゲットを行った方がクリック単価が上がる事があります。

クリック単価

アドセンスはサイトに設置した広告をクリックしてもらう事で収益を出せるアフィリエイトですが、クリック単価は広告の内容やその時の状況で大きく変化します。
1円から概ね1000円くらいまでクリック単価が異なります。

クリック単価の高いものを出来る限り出すという工夫を行う方法もあります。
それには、どんな広告がクリック単価が高いのか知ることから始まります。
それを知る方法は、同じくGoogleから調べる事となります。

Google Adwords

アフィリエイターにとっては、アドセンスを使う事で収入を得ますが、当然反対の立場もいるわけです。
広告を出す広告主がいるわけです。
その広告主は、Google Adwords(アドワーズ)という仕組みを使います。
アフィリエイター=アドセンス
広告主=アドワーズ
ユーザー(サイトを見る人)=ただの広告
という事になりますよね。

ここで、アフィリエイターの方は自分はアドワーズは関係ないと思うかもしれませんが、そんな事はありません。
むしろアドワーズを使わないで50万円以上の収益を上げているアフィリエイターはまず居ません。
広告を出しているという事もありますが、多くのアフィリエイターはアドワーズの中にある機能「キーワードプランナー」というものを使うためにアドワーズも登録しています。

キーワードプランナー

キーワードプランナーは元々、アドワーズを使って広告を配信したい広告主用に使われていたものです。
リスティング広告とは、一番上の図で「引越し」というキーワードが入力されたら、引越しで登録してある広告を出すという広告の事です。
キーワードによって、値段がかなり異なります。今回「引越し」で検索しましたが、恐らく広告のところをクリックすると広告を出している企業は数百円は払う事になると思います。
引越しというキーワードで広告を出したい人が沢山いるため、必然的に値段が上がるという事です。
でも、引越しというキーワードがいくらくらい広告料を取られるのかある程度は企業側は知っていないと困りますよね?
キーワードプランナーを使う事で、凡その金額感が解る仕組みとなっています。

また、仮に引越しというキーワードだと高くて広告を出せなくても、「引越し ○○市」なら半分の値段で広告を出せるかもしれません。
つまり、キーワードは1つでは無く、2つ組み合わせる事で、値段が下がる事もありますし、逆に2つ以上のキーワードで検索する人も大勢います。
キーワードプランナーは、どんなキーワードでリスティング広告を出せば良いのか提案をしてくれるツールとして開発されたものです。

つまり、アフィリエイターはどんなキーワードが人気があって、広告料はどれくらい入るのか予想を立てるためにもキーワードプランナーを使うわけです。
人気があるキーワードが解れば、そのキーワードでSEOを行う事で多くの人がサイトに来てくれる可能性もあります。

アフィリエイターにとって、キーワードプランナーは無くてはならないものとなっています。

まとめ

アフィリエイターにとって、Googleという会社は絶対に無視出来ない会社となっています。
むしろGoogleを制するものがアフィリエイトを制す!という諺まであってもおかしく無いくらい、Googleはアフィリエイトに密接に関係しています。
アフィリエイトを行うのであれば、アドセンスを行わなくても、アドワーズのキーワードプランナーは使う事になります。
キーワードプランナーと同様のツールは無償でも有償でも出ていますが、まずは基本のキーワードプランナーを使えるようにアドワーズにも申し込む事が必要です。
アフィリエイトにとって、キーワードはとても重要なものですから。

キーワード無くして、アフィリエイトで大きく儲ける事は出来ません。
ただし、初心者の内はあまりキーワードに重点を置き過ぎると失敗する事もあるので、詳しくはSEOのコーナーで説明します。

前のページへは、ブラウザの戻るボタンでお戻りください
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメント

Return Top