アフィリエイト ビギナー

Read Article

サイト上の広告の種類

サイト上で表示する広告にも種類があります。
一般的なサイト上にある広告を説明します。

バナー広告

もっとも一般的な広告で、イラストや文字等の組み合わせで作られた画像タイプの広告です。
bannredummy上記の図は3つのバナー広告が貼られています。
バナー広告のメリットは、見た目で訴えられる情報量が多い事です。興味を惹くキャッチコピーとイラストを混ぜて作るのが一般的です。
画像の種類は、GIF、JPG、PNG等が一般的です。
また、最近は商品の画像がクルクル回ったりするものや、バナー広告が切り替わっていくものも増えてきています。

テキスト広告

言葉の通り、テキスト(文章やキーワードの組み合わせ)で書かれた広告です。
スペースが無い時や、何気なくPRする時に使われる事が多いです。
テキスト広告でも、タイトルは大きな文字、内容は小さな文字にして、見た目の強弱を作ったものも増えてきています。
textdummy上記の図は3つのテキスト広告が表示されています。

動画広告

言葉の通り、動画を使った広告ですが、動画そのものにリンクを貼るのではなく、動画の上に広告を貼るというイメージの方が解りやすいかと思います。
なお、最近では動画に広告を埋める事なく、動画そのものが商品の紹介を行っているものもあります。

まとめ

サイト上に設置されている代表的な広告は3種類

  1. バナー広告
  2. テキスト広告
  3. 動画広告
前のページへは、ブラウザの戻るボタンでお戻りください
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメント

Return Top